店舗

店づくりのポイントとは

飲食店などを名古屋市内でオープンして繁盛店を目指すためには、設計事務所を積極的に活用して、店舗デザインにもこだわることが重要です。アパレルショップなどでは商品陳列にこだわるのが理想的であり、飲食店の新規出店では、中古厨房機器を積極的に活用するべきでしょう。

電球

法人向けの新電力

PPSは新電力のことで、企業ごとに発電法は異なりますが、電気の質に違いはありません。それぞれの企業に法人向け窓口があるはずなので、問い合わせてみましょう。一括見積サイトを利用することで、PPS企業の目星をつけることができます。目星がついたら、実際に問い合わせましょう。

男性

様々なサービスを提供中

鈴木貞一郎が率いている会社では常に最新の技術を用いて様々な業務を引き受けています。アスベストの除去やビルメンテナンス、環境測定等様々な事を依頼できるのが特徴です。また、震災で被災した場所の復興作業を継続して行っています。
太陽光発電

農地と太陽光発電

ソーラーシェアリングは、農地で太陽光発電を行う仕組みである。農作物を育てながら、太陽光発電を行うことができるため、より効率の良い事業となる。設備の設置では、農作物に太陽光が当たるように工夫しながらの設置が重要である。

店舗

多くの集客を得るなら

名古屋では多くの店舗が存在しますが、その中で売り上げをアップさせていくためには店舗デザインはとても重要となります。まずはデザイン業者選びが大事ですので、実績やデザインの良さをしっかり比較して最適な業者を選んでいきましょう。

農業をしながら太陽光発電

ソーラーパネル

魅力と注意点

ソーラーシェアリングとは、農地に太陽光発電設備を作ることです。太陽光を農作物とソーラーパネルで分け合うことからソーラーシェアリングという名前がつきました。ソーラーシェアリングでは農業を続けながら太陽光発電設備を作るという特徴があります。完全に土地を覆うわけではなく、農作物の成長に必要な太陽光は確保してソーラーパネルを設置します。日陰ができてしまうと農作物の成長に支障がでるのではと思うかもしれませんが、実際はそのようなことがないように計算して設置されます。農作物自体もある程度以上の光は不要であるという仕組みをもっているので、多少遮っても問題ないことが多いのです。ソーラーシェアリングのメリットは、農業収入に加えて太陽光発電による売電収入が得られるということです。農業を続けることが前提のため、農業収入に太陽光発電による収入が加わり収入が増えることが多いです。もちろん初期費用はかかりますが、長い目で見ればプラスになることが多いです。また、半日陰や日陰を好むような作物においてはむしろ作物の成長にプラスとなることもあります。ニンニクやみょうが、椎茸といった作物ではむしろソーラーシェアリングにより日差しが遮られた方がうまく生育します。日差しが強いエリアでは他の作物もうまく育つことがあります。注意点としては住宅用のソーラーパネルより初期費用が高いことです。農業を妨げないようにつけるため、架台の設置が必要となるためです。そのためプラスとなるまでにはある程度の期間がかかることがあります。