農地と太陽光発電

太陽光発電

農地活用の魅力

近年では、企業が自社で利用する電力を用意する場合や、売電収入を事業として行うなどのケースが増えている。これらの電力を作るための方法の1つとして、ソーラーシェアリングがある。ソーラーシェアリングは、農地を利用し太陽光発電を行うものである。農地に太陽光発電設備を設置し、傍らで農業を営むというものとなっている。使用していない農地を利用しソーラーシェアリングで収益を得ることや、ビニールハウスなどで利用する電力をソーラーシェアリングで賄うなどに利用されている。ソーラーシェアリングでは、農地を利用して発電を行う為、土地に関わる費用を抑えられるということがある。特に郊外の農地などでは、土地の費用が安いため、設備を設置するのみで発電できる。自前の利用していない農地を活用すれば、使用していない場所の有効活用にも繋げられる。また、農地では通常はまわりに太陽光を遮るものが無いため、発電効率を上げやすいことも魅力である。ソーラーシェアリングでは、太陽光パネルを設置した下では農作物を作るということが通常行われる。その為、太陽光パネルで発電すると同時に、農作物を作ることができるため、より効率の良いものに出来る。この際、農作物に太陽が当たるように工夫しながらの設備設置が重要になる。太陽光パネルは農作物の上に支柱を立てて設置するため、その支柱の場所やパネルの角度、農作物からパネルまでの高さなどを考慮することが重要である。